東南アジアへの銀行券の進出はしばらく萎縮している

韓国シティ銀行は、2004年にシティグループが韓国シティ銀行を買収して韓国シティ銀行として正式に発足してから17年ぶりの個人小売金融事業を撤退することを決めた。

15日、韓国シティ銀行によると、シティグループ、米国本社はこの日、第1四半期の業績発表で、このような内容を盛り込んだ消費者金融事業部門の今後の戦略の方向を発表した。シティグループは、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ地域の消費者金融事業を4つのグローバル資産管理センターを中心に再編し、韓国を含む地域内の13カ国の消費者金融事業で出口戦略を推進するという立場を明らかにした。シティグループは、これは韓国を含む特定の国の業績や能力の問題による決定ではなく、シティグループレベルで長期的に収益を改善する事業部門に投資と資源を集中して、グローバル競争力を強化し、事業を簡素化する必要性に応じたものだと明らかにした韓国シティ銀行は説明した。

シティグループのこれらの事業戦略再編を通じて、韓国では、顧客、従業員、株主を含む利害関係者の両方の利益に合致する競争力と規模を備えた事業部門を強化するものと思われる。特に企業金融のより集中的かつ継続的な投資を通じて韓国の金融市場の発展に寄与しようとするものと理解される。

ユ・ミョンスン韓国シティ銀行頭取は今回の発表に対して「シティグループは1967年に国内支店営業を始め、2004年に韓国シティ銀行を発足させて以来ずっと韓国市場に集中してきた」として「今回の機会を通じて企業金融事業を中心に韓国内での事業を再編・強化し、この過程で顧客を十分に支援することに優先順位を置く」と明らかにした。さらに「併せて、폰테크 韓国金融市場への投資だけでなく、長期的な社会貢献活動などを通じて企業市民として韓国社会の成長と発展に寄与しようとする」と付け加えた。

韓国シティ銀行は、事業再編の具体的な日程は決まっていないが、理事会と一緒に十分な時間を持って、顧客と従業員の両方のための最適の方策を検討して策定した後、実行する予定だと明らかにした。また、後続の計画が用意されているように、金融当局と必要な相談を経て、これを公開し、関連当事者と十分に協議して、必要な手続きを進めすると発表した。

韓国シティ銀行は「顧客に対する金融サービスは今後の計画が確定するまで、従来と同じように提供され、顧客の不便を最小化できるように最善の努力を尽くす」と話した。

KB国民銀行はインドネシアで1兆6000億ウォン規模の損害賠償訴訟に遭った。ブコピン銀行の全大株主である房総とグループがインドネシア現地法令などに違反したと主張し、インドネシアの金融監督庁(OJK)と国民銀行を共同被告として損害賠償を請求したのだ。国民銀行は、ブコピン銀行買収後リスク管理ノウハウとデジタル能力を組み合わせて競争力を高めようとしたが、予期せぬ訴訟戦に巻き込まれた。

韓国の金融会社が最近先を争って進出したミャンマーでクーデターが起き、打撃が避けられない。ミャンマーは新南方地域の戦略的要衝として成長の可能性が大きく、ポスト、ベトナムに選ばれるところである。ミャンマーには、銀行9と保険会社2ヶ所、与信専門金融会社17カ所の計28ヶ所の国内金融機関が位置している。

国内金融圏は、ミャンマーを拠点にしようと本格的に営業基盤を磨き始めたが、クーデターで、ミャンマー全域が事実上麻痺され、通常の営業が不可能な状況である。

特に最近、新韓銀行、ミャンマー現地職員が襲撃当該死亡し、国民銀行と新韓銀行などは駐在員の半分を一時帰国措置し、状況に応じて順次撤退まで検討している。米国や英国を含む西側の先進国は、申し訳ありませんが、軍事制裁に着手しました。

ミャンマーの混乱が続くと、他の地域に目を向けるしかない国内金融会社の努力が水の泡になることがあるという話まで流れてくる。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다